無線機の基本を学ぶ

無線通信というのは、電波を使って情報を送る手段です。
それでは電波とは何でしょう。
例えば電波を使うものの一つに、放送があります。
日本のラジオ放送は1925年に放送が始まってから、90年以上がたとうとしています。
現在ではたくさんの人たちが、携帯電話やスマートフォンなどの無線機器を使用する時代です。
電波には紐がないため大変に便利で、隣の部屋との交信ならばドアぐらいは透過してしまいます。
また空間を伝わるというのもメリットの一つです。

無線機とは?

無線機とは? 電波を使うものはたくさんあります。
放送・携帯電話・スマートフォン・警察無線・タクシー無線さらに高速道路のETCなども、電波を使用しています。
この電波を利用して情報を相互に送る機器が、無線機と呼ばれています。
この無線機に使用される電波には様々なものがあり、例えばブロードバンドなどの大量情報の通信回線はファイバーやメタル線を用いた広帯域伝送路であれば、移動体でなく固定通信での利用が可能です。
無線は通信の場所を特定せずに、いつでもどこでも利用できるメリットがあります。
そのため既存の建築物でもあとから装置を増設することが容易な点も、メリットで最近よく目にするWiFiはマイクロ波を使った、LAN接続回線の一つです。

無線機で会話を受信するにはどうすれば良い?

無線機で会話を受信するにはどうすれば良い? 無線機で会話を受信するためには、無線機の周波数を合わせる必要があります。
無線機で使用できる周波数は電波法で厳格に決められています。
その決められた周波数を利用して発信する場合は免許が必要な場合もあります。
アマチュア無線を使用するには無線局の免許が必要です。
その免許状に記載された周波数以外の電波の送信が違法となりますが、受信する場合は違法にはなりません。
会話を目的として無線機を利用する場合はその免許を取得するか、特定小電力無線局と言われる近距離で使用するトランシーバーやインカムを使いましょう。
近距離で使用するトランシーバーやインカムの使用には資格や無線局の免許も必要はありません。
無線機を使って会話をするためにはその利用者のグループ全員が同じ周波数にチャンネルを合わせる必要があります。
発信者側と受信者側が周波数を同じ値に合わせることで交互通話が可能になります。
使用できる周波数は決められているので、いくつかチェンネルに合わせて他のグループが使っていないチェンネルを見つける必要があります。
ただし、近距離で使用するトランシーバーやインカムなどは電波の出力が弱いので他のグループと被ってしまうということは滅多に起こらないでしょう。

無線機関連情報

無線機

新着情報

◎2018/11/16

無線機の相場価格は?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 会話」
に関連するツイート
Twitter